運命学とは

皆さんは「運命鑑定」と聞くと、「占い」や「霊感」なども連想されるかも知れませんが・・・・

「運命学」は学問ですので、全てが理論で解明できるものです。

しかし、「統計学」とも違いますので、同じ生年月日だからと云って、同じ運勢という判断をするものでもありません。

 

また人間にも植物と同様に、各自に適した環境(方位)というものがあります。

「環境が人を作る」と云う言葉をご存知でしょうか。

人間は身を置いた環境の「気」を受けると、自然とその環境に適した考え方が生じてきます。

自分に適した環境を得られるかどうかで、人生や運勢は大きく変わってしまいます。

 

imagezu 

こちらでの 「運命学」(密占縁霊法)とは、

九星気学 ・ 数理学 ・方位学など複数の分野からなる学問を用いて

数種類の「運命グラフ」「宿命グラフ」を作成し、

個人の生活を豊かにする為のエッセンスを選び出し、

その人が、生まれてから現在まで体験経験してきた

様々な過去の原因<因果律>を加えて、

個人の「強み」や「良さ」を引き出すカウンセリングです。

 

 


九星気学

気学とは、その字義の通り「大気の学問」であり循環思想です。

地上にあまねく流動する大気の現象である「自然界の運行」(摂理)を 活用するものです。

人間と気(環境)との関係を研究するもので、現代的な言い方をすれば「環境学」といえます。

九星気学は幅が広く、個人の人生の栄枯盛衰を観ていくのは勿論ですが、

企業の運勢や、時代の流れ・社会状況・天象などを観る事も出来ます。

『その年回りには、その様な状況になる』 という見方です。

天地自然の法則・自然の摂理ですので、運勢判断としては受動的と観ます。

 

jyouiban 

 

 また、一口に気学と言いましても、ジャンルが沢山ありまして・・・

・方位学・・・土地の購入や転居、入院・就職・入学・人間関係など

・気学同会法・・・年々歳々の九気星の影響など

・気学推命法・・・能力・才能・天賦の資質の発見と活用法など

・気学流年法・・・人生の栄枯盛衰と行動時期など

・気学傾斜観法・・・宿命運・家系因縁・性格気質の解明など

・気学天縁法・・・長所・短所、深層自我、本音の解明など

 

 

 

 


聖数命理学

もう一つの柱「聖数命理学」(数理学)は、0~9の10個の数字がベースの運命学です。

宿命的な分野を九星気学で把握して、現実的な時期やチャンスを数理学で見ていきます。

『自分の意志で、いつ・何を・どうしていくか・・・』 という能動的な視点を判断していきます。

・運命・宿命・運勢の栄枯盛衰・性格・気質・能力・才能・病理など、幅広く活用できます。

 

<カウンセリングでお渡しました運勢グラフに書いてある数字を、以下に当てはめてご覧下さい>

 1・・・産・動・初、 新規・活動・変化運 新規な行動を起こすのに最適な時

 2・・・離・感・迷、 離合・進退・混迷運 迷いが多く、一進一退の不安定な時

 3・・・結・欲・定、 安定・結実・欲望運 運勢安定、諸事全般に運の強い時

 4・・・企・学・開、 思案・企画・挫折運 考え事や邪推が多く、企画倒れの時

 5・・・立・思・鎮、 奮起・活動・平穏運 奮起活動の気運が活発となる時

 6・・・盛・徳・揃、 金運・異性・散財運 金銭運と喜び事の恩恵が強い時

 7・・・継・結・破、 病難・剣難・破綻運 諸事に手違い多く、確認を要する時

 8・・・隠・活・忙、 活動・多忙・交際運 運気盛ん、多忙と信用の強まる時

 9・・・衰・乱・苦、 衰微・停滞・病難運 運は衰微し、取り越し苦労と体調を崩す時

 0・・・無・忘・終、 徒労・終局・整頓運 労力多いが成果と実利が少ない時

  (基礎知識のページも、併せてご覧頂けると、解りやすいと思います)

 


因果律

第3の柱は、因果律(いんがりつ)です。

因果律とは、原因と結果の関係で、仏教の世界にも「因果応報」という言葉があります。

良い原因を作っておけば、一定期間の後に必ずその結果が現れますし、

逆に、悪い原因があれば、遅かれ早かれ結果が現れるという感じです。

運気の善し悪しではなく、物事の遅速があっても、必ず結果が現れると云う事です。

なので、運気の良い時に良い方向に流れているか、悪い方向に流れているのか、

それとも、運気の悪い時に悪い状況になっているか、良い結果が出ているか

現状を冷静に見ていれば、過去が理解でき、未来を予測することが出来ると云うことです。

 

 


その他

その他のエッセンスとして・・・五行説、陰陽説、四柱推命、算命学、など。

★五行(ごぎょう)とは地球を含めた宇宙の万物は、「木」「火」「土」「金」「水」(もっかどごんすい)の

5つの要素、五行から成り立っているという思想です。

これら5つの要素は、互いに影響しあっていると考えられており、盛衰関係によって宇宙が循環し、

発展していく過程で、人間もその影響を受けているという自然哲学の思想です。

★陰陽(いんよう)とは、地球を含めた宇宙の万物は、「陰」と「陽」に分けることができ、

これらは互いに相反する性質をもち、それぞれが影響を及ぼし合っているという思想です。

例えば「天」と「地」、「太陽」と「月」、「暑い」と「寒い」、「明」と「暗」、「男」と「女」の様に一対で存在し、

相互に影響し合っている関係です。

★四柱推命(しちゅうすいめい)とは、生年・月・日・時を四本の柱とし、

そこから導き出されるさまざまな星の組み合わせによって運勢を鑑定します。

★算命学(さんめいがく)とは、中国独自の自然の成り立ちを基にした理論である陰陽五行説、道教や儒教、

仏教をはじめとする中国の様々な哲学が詰め込まれた人間探求の学問です。

推命も算命も、陰陽五行説(いんようごぎょうせつ)と干支術(かんしじゅつ)の2つをベースとし、

古くは中国の皇帝が国の政治の方向性を判断する際にも使用していたとされています。

 


運命学カウンセリングとは

これらの手法を融合させて、いつ・何を・どうするか・・・という事を知る「ツール」です。 

o0240032010214982199

   

  数種類の運命グラフから、

  能力、才能、長所、短所、宿命的なこと、思考の方向性や適性分野、陥りやすい癖、

  運気のリズム、人生の転機、様々な可能性とチャンスの時を把握していきます。

 

 

 

 生年月日からの宿命を知り、生年月日から運命がスタートしていることを自覚し・・・

受動的な運勢の中で

能動的に動いていく・・・それが運命学(密占縁霊法)です

 

まだまだ、研究は続いています~




Copyright© 2001 九星気学をベースに運命学カウンセリング 祈祷師 菜奈実。方位学、開運指導、人生相談。 All Rights Reserved.