運命学カウンセリングとは、その3。

imagezu

 

宿命的な事を理解していきながら、

現状を注視していくことも重要です。

運命グラフでは、運勢の栄枯盛衰が解ります。

 

九星気学で観たり、天中殺(十二運)で観たり、

聖数命理学で観たり・・・

過去・現在・未来という、3年周期でどんな流れか・・・

5年・10年という流れから、60歳還暦までの流れをつかみ

年運も、1年間のテーマを把握したり・・・

月運で、毎月の注意することなど把握したり・・・

 

そんな年回りの中で

職場や人間関係の中など、どう動いているのか・・・

信用や信頼は築けているのか・・・

仕事や技術は、ステップアップしているのか・・・

将来の夢に繋がっているのか・・・

 

行き詰まっている様ならば、その理由は・・・

運勢的な問題なのか?

能力・才能など適職なのか?違うのか?

性格的・長所&短所的な問題はないか?

 

運気の良い時に、壁にぶつかっているのか?

運気の悪い時に、壁にぶつかっているのか?

これは重要なことで・・・

ステップアップになる壁で、乗り越えなければならない場合と

原点回帰で、一から出直しとなる壁の場合があります。

 

運気が上昇期であれば、それなりの動きをするべきですし

低迷期であれば、勉強したり資格を取得したり・・

次の上昇気流に乗れる様に、しっかり準備をしなければなりません。

 

中には、準備期間に行動して失敗したり・・・

ジャンプアップの時期に、グズグズしていたり・・・

タイミングが合わなければ、チャンスに恵まれません。

 

運気の流れを把握して

自分の持っている才能を活用できているかチェックして

未来へジャンプして頂きたい感じです。

 


Copyright© 2001 九星気学をベースに運命学カウンセリング 祈祷師 菜奈実。方位学、開運指導、人生相談。 All Rights Reserved.