開運・方位の話、その1。

 

方位とは自分を中心とした時、八方位に流動する異なる大気の在する場所を示したものです。

人間をはじめ、全てのものは大自然の摂理(大気)に支配されています。

天地自然の運行に順応すれば、草木は良く生長し、人間も健康を得て大いに発展します。

方位を活用する事は、天地自然の運行に順応し行動すると言う事で、

運勢の発展に繋がる自分に適した環境を得るという事にあります。

 

 

年盤方位。

その年の立春(2月4日)から翌年の節分までの1年間に影響を及ぼす方位です。

環境面を主体としてみますので、使用目的が長期に及ぶもの、恒久的な事柄に用います。

運勢面に多大な影響を及ぼしますので、計画性を持った活用が望まれます。

 

月盤方位。

毎月の月変わり(6日前後)から翌月の月変わりまでの期間に影響を及ぼす方位です。

影響力は年盤方位の12分の1ですが、方位の発現作用は早く、かつ強く作用します。

日常的な方位の活用では月盤を重視します。

吉方位を用いたか、凶方位を用いたかで、運勢は全く違うものになります。

また、連鎖が起きるので、知らずに凶方位を重ねていたら運は悪くなっていく感じです。

自分の人生、やり直しは出来ませんから、早く見直して吉方位を活用してみましょう。

 

 

次に、どこを基準にして、方位を観ていくか・・・と言うことですが

方位鑑定の際に、相談者さんに必ず伺っていることなのですが

現住所に、2年以上住んでいるかどうかと言うことです。

 

年の節変わり(2月3日頃の節分)を、同じ場所で2回過ごしていると、そこが年の太極となります。

太極とは、根が生えている場所という感じです。

単に届け出の場所ではありませんので、単身赴任や別居中という場合なども、現状を伺って太極を決めていく感じです。

 

コロコロと引っ越しを繰り返していますと、太極が定まらず、運勢の発展が良くなりません。

大地に根を張っているのか・・・

小さな植木鉢で、植え替えばかりしているのか・・・

イメージとして、そんな感じです。

 

太極には、年・月・日と、それぞれにありますので、相談の事柄によって、判断していく感じとなります。

 

※方位学は占いや迷信ではありません。

 地理や地球の磁場と関係している学問です。

 


Copyright© 2001 九星気学をベースに運命学カウンセリング 祈祷師 菜奈実。方位学、開運指導、人生相談。 All Rights Reserved.